買取のポイント

フィギュア買取の方法~持ち込みで審査してもらう際の注意点って?

更新日:

フィギュアの買取には、店舗買取・宅配買取・出張買取の3つが主な買取方法です。その中でも今回は、店舗買取について説明していきたいと思います。

店舗買取は基本フィギュアを店舗に持っていくだけですが、持っていく際に必要な書類もあるのでそのあたりを詳しく解説していきます。

店舗買取って?

店舗買取は、フュギュアを売る人が各店舗へ行き買取を行うことです。店舗買取は対面でやりとりを行うのでトラブルが少ない特徴があります。荷物も自分で持っていき、査定している姿も見られるので一番安心できることがメリットです。

また、対面でやり取りを行うため直接交渉が可能です。直接交渉とは、査定額に満足できないときに金額を上げて欲しい場合に活用できます。すべての店舗ではありませんが、適用されることもあるようです。そんな店舗買取を行う際には、持っていかなければならないものがあります。

必ず必要なもの

店舗買取をする際に絶対に必要になるものが身分証明書になります。基本的には、運転免許証や健康保険証がベストです。他にもマイナンバーでも証明になりますが一部の店舗では適用されない場合があるので注意が必要。

身分証明書を出す理由は、古物営業法15条が関係しています。古物を売買する店舗はこの法律を守って行わなければいけなせん。この古物営業法15条には、本人確認の義務があります。つまり、中古品を店側が買い取るときには、相手から身分証明書など本人であるかを確認しなければ買取ができないのです。

もし、この法律を破ったら営業停止や営業許可を取り消されてしまいます。そのため、フュギュアを売りたい場合には、各店舗に身分を証明できるものを準備していきましょう。

お店ごとにどう書いてあるのかを調べてみました

もえたく

 

もえたくで買取に必要なものは、身分証明書のコピーです。もえたくは宅配買取なので、身分証明書を公式サイトにスキャンし登録しておく方法と身分証明書のコピーを郵送する方法があります。いずれも、もえたくの買取サービスはネットオフを経由する仕組みで、本人確認書類の詳細はネットオフで確認できます。

ネットオフで適用される身分証明書は運転免許証、保険証、パスポート、住基カード、敬老手帳のうち1つです。顔写真のあるものを優先させると良いでしょう。

参考:もえたく!

フィギュア買取アローズ

 

フィギュア買取アローズも買取時には古物営業法を適用しているため、身分証明書の提示が必須となっています。買取時に必要な書類は身分証明書と買取申込書です。身分証明書として適用されるものは運転免許証、保険証、住基カード、パスポートになります。また、郵送時に同封するようになるため、コピーでかまいません。

このようなセキュリティ面の強化は振込時にも発生し、他人名義の口座では行えないので注意が必要です。必ず本人名義の口座で振込依頼をお願いしましょう。

参考:アローズ

らしんばん

 

らしんばんの店舗買取を利用する際に、必要な書類は身分証明書と売る商品となります。身分証明書で有効なものは、運転免許証や健康保険証などの生年月日の記載がある方が良いようです。他にも顔写真があるパスポートや学生証も有効です。

しかし、無効な証明書もあります。それは他店の会員証やコピーした書類、マイナンバー、住民票などです。無効な書類の条件としては、有効期限が経過したものも不可となります。そのため、身分証明書を持参するときは有効なものかを確認してから持ち込むと良いでしょう。

参考:らしんばん

スーポジ

 

スーポジの店頭買取を利用するときに必要なものは商品と身分証だけです。スーポジでも古物営業法を適用しているため必須となります。身分証は運転免許証、パスポート、住基カード、外国人登録証などが有効です。

また、未成年の場合は、学生証と保護者同意書にサインと印鑑が捺印されたものが必要となります。店舗数は多いですが、この必要書類の基準は同じなので必ず持参しましょう。

参考:スーポジ

ジャングル

 

ジャングルの店頭買取で必要なものは身分証明書と商品です。未成年の人は、保護者の同伴が間違いないでしょう。同伴が難しい場合は、承諾書を持参しなければなりません。

参考:ジャングル

未成年の場合は?

未成年の場合は、原則18歳未満の人は買取ができません。店舗によっては、買取の際に保護者同伴が条件の場合もあるようです。そのため、年齢制限に関しての管理は厳しめといえます。
さらに未成年に関する詳しい内容はこちらから。

フィギュア買取は未成年でも利用できる?未成年でも大丈夫な方法とは

何歳から利用可能なのか調べてみました フュギュアを売る場合、18歳未満の人は利用ができません。これは古物営業法の法律によってどの店舗でも適用されています。 古物営業法は業者に向けた法律で、未成年者(1 ...

それ以外に持ち込みの際の注意点

キャンセルについて

店頭買取の場合は、キャンセルは見積もりの段階では可能です。しかし、買取承諾書にサインをするとキャンセルができない店舗があります。

売却後、店頭に商品が残っていてもキャンセルができる店舗とできない店舗があることを覚えておきましょう。

未成年について

未成年は以前まで承諾書や同意書で買取が可能でした。実際に上記で紹介した店舗でも可能です。

しかし、店舗によっては保護者の同伴が必須となる店舗もあるので事前に調べてから店舗へ行きましょう。

まとめ

フュギュアを店舗で売る場合は、身分証明書が必ず必要です。有効な証明書は各店舗で異なるので注意しましょう。また、身分証明書の提示は法律の義務なので店舗側はどうしようもありません。

身分証がないのに無理矢理買取を迫る行動は避けましょう。店舗買取のルールを把握して、二度手間にならないように準備を万全にして店舗へ行くことをおすすめします。



-買取のポイント

Copyright© フィギュア買取情報局 , 2020 All Rights Reserved.